・南米アマゾンの大自然が育てた神秘の樹木健康茶(神からの恵みの木)
・世界4カ国(日本、米国、台湾、中国)で特許取得
(米国特許以外は期限満了)
・各種の安全性試験で安全性を確認
・ビタミン、ビネラルを豊富に含有
「タヒボNFD」とは、地球最後の秘境アマゾン川流域の森林地域に自生する
ノウゼンカズラ科の自然木タベブイア・アベラネダエを原料とする天然樹木
健康茶です。
この地では、古くから、「神からの恵みの木」として崇められ、大切に飲み継
がれてきました。
ノウゼンカズラ科の植物は数多く世界中に広く分布(タベブィア属は、全米
では100種類以上)していますが、南米ブラジルに自生し赤紫色の花を咲か
せる、学名タベブイア・アベラネダエしかも特定地域に自生するものだけが
「タヒボNFD」の原木となります。
この原木の外皮と木質部にはさまれた僅か7mm程の内部樹皮だけが
「タヒボNFD」の原料となり、内部樹皮には黄色味を帯びたもの、白っぽい
ものなどがありますが、赤味がかった茶褐色のものが上質とされ、
「タヒボNFD」はこの上質の原料だけを使用しています。
※「タヒボNFD」は100%天然の原料からできた天然樹木茶であり、
不純物、添加物は含有しておりません。


 
タヒボの歴史

タヒボの歴史は1500年以上も前にさかのぼります。
古代の先住民たちは、代々この樹木を「神からの恵みの木」「神の光」として崇め、その樹皮(内部樹皮)を煎じたお茶を愛飲し、健康に役立ててきました。
約500~800年前に栄えた古代インカ帝国の時代には、健康の源として黄金と交換するほど貴重な宝物として珍重したとも言われています。
南米植物学の世界的権威であった故・ウォルター・ラダメス・アコーシ博士は、50年にも及ぶ調査・研究から、先住民たちがタヒボと呼ぶ樹木の樹皮を、赤紫色の花が咲くノウゼンカズラ科のタベブイア・アベラネダエ(学名)であると結論づけました。
そのアベラネダエ種のなかでも、南米ブラジル・アマゾン川流域の特定地域(※)に自生するものだけに、他地域のものには見られない非常に有用性の高い成分が含有されることを発見しました。
後に、故・上田伸一博士(当時京都大学薬学部助教授)らの研究グループは、
アコーシ博士が特定した地域で採取したタベブイア・アベラネダエの樹皮には、人の健康維持に優れたはたらきをもたらす栄養素が含有されることを研究によって裏づけました。
※貴重な天然資源を乱伐・盗伐から守るために生育地は公表しておりません。
また、その生育地を特定地域と表現しています。

 
タヒボジャパンの原料へのこだわり

タヒボジャパン社では、「タヒボNFD」の安定需給を行うために、原料となるタヒボ原木の
伐採体制を確立しています。
高品質を確保することはもちろん、大変貴重な天然資源であるタヒボの保護や将来にわたっての
安定供給を考えてのことです。
「タヒボNFD」は、こうして厳選されたタヒボの内部樹皮靭皮(靭皮部)を原料として製品化しています。


 
タヒボの生育環境

タヒボが自生する赤道直下の南米ブラジル・アマゾン川流域は、熱帯雨林が生い茂る
高温多湿の気候です。
乾季には乾いた土地であっても、雨季になるとすっかり水に浸かり、深いところではなんと
20mほども水位が上がることも。
このような過酷な環境で育つタヒボは、高さ30m、幹は直1.5mに達する大木となります。
雨季には木の幹が水没するためか、その木質部は堅牢で大変重く、水にも浮きません。
また、根は深く張り、激しい嵐にも倒れることはありません。
私たちが知る温帯地域の日本に生育する樹木とは、生命力の強さが全く違うのです。


 
アマゾンって?

この木が自生しているアマゾンは、現存する世界最大の熱帯林で 世界でも数少ない手付かずの
原生林が広がります。
「地球の肺」とも言われるように、その広大な熱帯林は地球の浄化を続けています。
地球上で最も生物種が多く、6万種の植物、1,000種の鳥類、300種以上の 哺乳類が生息
していると言われています。
このように豊富な植物が自生しているアマゾンは、薬木・薬草の宝庫です。
先住民の人々は、こうした様々な植物の中からどれが良性のものかを先祖代々伝統的に受け継いできました。
こうして長い歴史を経て受け継いでこられたものの一つが、タヒボです。
気候や土壌などの生育条件が限られているため、人工栽培が不可能とされている、本当に
貴重な樹木なのです。
このように豊富な植物が自生しているアマゾンは、薬木・薬草の宝庫です。
先住民の人々は、こうした様々な植物の中からどれが良性のものかを先祖代々伝統的に
受け継いできました。
こうして長い歴史を経て受け継いでこられたものの一つが、タヒボです。
気候や土壌などの生育条件が限られているため、人工栽培が不可能とされている、本当に
貴重な樹木なのです。





世界4カ国(日本、米国、台湾、中国)で特許取得
米国特許以外は期限満了


 
安全性試験を実施しています

「健康食品」の利用者が年々増加の一途をたどる中、さまざまな健康食品が販売されるように
なりました。
しかし、安全性に疑問を抱く商品がごく当たり前に販売されているのも事実です。
食品は摂取することにより人々の健康に影響を与えるものであるため、安全であることが何よりも
大切なことです。
タヒボジャパン社は、健康への安全が最も重要であるという基本認識のもと、客観的かつ
中立公正に評価を行う検査機関に依頼し、各種の安全性試験を実施しています。
そして、その試験結果からも「タヒボNFD」の食品としての安全性は確認されています。

試験会社:日本エスエルシー株式会社 受託試験部 http://www.jslc.co.jp
株式会社ビー・エム・エル 安全性試験部 http://www.bml.co.jp




表示切替: 並び順:
6件中1件~6件を表示
6件中1件~6件を表示

新規会員募集中 「天然樹木茶 タヒボNFD」推奨ホームページ

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ごあいさつ

店長店長の田中です。
「自然と美と健康」をテーマに34年間美容の仕事をする中で特許取得の天然樹木茶「タヒボNFD」をはじめ、「HGH LUXE」 ,松葉エキスの薬用入浴剤「オンセンス」などこだわりの商品を紹介しています。

「タヒボ茶」は日本、米国、台湾、中国にて特許を取得しているアマゾン原産の天然樹木健康茶です。
ビックリするような特許なのですが健康増進法(薬事法)により特許名など、お知らせすることができないのが残念です。

その他できる限り天然にこだわった美容室のスキンケア、ヘアケア商品のご紹介をしてまいります。
 よろしくお願いいたします。


ページトップへ